REVUE NIPPON MODERN TIMES

*

4/29(昭和の日)4/30(平成最後の日)5/1(新元号の初日)という三つの時代のメモリアルデイに、 戦前のおしゃれなジャズソングを歌とダンスでつづるポピュラーソングアンソロジー

昭和の始まりとともに モダン文化が花開き、レコード、ラジオ、レビュー、ダンスホールから舶来の新しい音楽が流れる時代に。しかし、軍国主義の陰が忍び寄り、時代に翻弄された「モダン昭和」は、わずか10数年で終わってしまう。今平成という時代の終焉のとき、今一度、日本のポピュラー音楽の原点を振り返りその時代の豊饒な音楽を味わう。
毛利眞人氏の名著「ニッポン・スウィングタイム」(講談社)に登場する楽曲を中心に、豪華な編成の楽団とともに数々のジャズソング、さらに若き日の服部良一の傑作を歌とダンスで辿る昭和レビュー!

*

レビューに寄せて

スウィングならでは夜も日も明けない――という戦前のジャズエイジをつぶさに描きたいと考えていた。拙著『ニッポン・スウィングタイム』(講談社, 2010)から8年。新しい時代を迎えるいま、その夢を叶えてくれるのが高橋まさひと氏プロデュースの『レビュー・ニッポンモダンタイムス』である。
初風諄、安奈淳、峰さを理、日向薫、稔幸、姿月あさと……宝塚歌劇団のレジェンドをトップとした総勢24名のレビュー。そして渡邊恭一とモダンタイムス楽団による1930’sスウィング。プログラムを飾るのはもちろん戦前ミュージック・シーンを彩ったジャズソングの数々だ。 ジャズ喫茶の黄金時代、ラジオは昼も夜もジャズを放送し、ダンスホールはフォックストロットに踊り乱れ、スウィングを基調としたステージショーはモガ・モボの胸を沸騰させた。そんな華やかなりし昭和のレビューにレジェンドたちが挑む。さあ幕が開けば、ステージにはモダンタイムスが甦るのだ!

毛利眞人(監修)
音楽評論家 / レコード史研究家。 専門分野は日本の洋楽史、レコード史。著作は「永遠の青年音楽家 貴志康一」(国書刊行会), 「ニッポン・スウィングタイム」「沙漠に日が落ちて 二村定一伝」(以上 講談社)など


日時
2019年4月29日(月・祝)18:00
30日(火)13:00/17:00
5月1日(水)13:00/17:00
※全5回公演 開場は開演の30分前
会場 
イイノホール
千代田区内幸町2-1-1 飯野ビル(地下鉄霞が関駅直結)
チケット
12,500円(税込・全席指定)

出演


麻乃佳世 星奈優里 舞風りら
美郷真也 成瀬こうき 真波そら 扇けい 美翔かずき 沢希理寿 瑞羽奏都 鳳真由 貴澄隼人 輝城みつる 空乃みゆ 亜聖樹 煌海ルイセ 天翔りいら 紗愛せいら 水沙るる

主な曲目

  • アラビヤの唄 ダイナ 私の青空 月光値千金 雨に唄えば ラモーナ ディガ・ディガドゥ おお宝塚 花詩集 上海リル アレキサンダース・ラグタイムバンド ブルームーン ラッパと娘 私のトランペット   インザムード シング・シング・シング キャリオカ  シボネー アマポーラ The glory of love  煙が目にしみる 夜も昼も ビギン・ザ・ビギン  嘘は罪 スウィングしなけりゃ意味ないね 素敵な貴方 リンゴの木の下で ブルースカイ 恋人よ我に帰れ

チケット取り扱い

一般発売日:2019年1月12日(土)10:00~

東京音協オンライン
発売日以降座席選択:可能
チケットぴあ
※PC/スマートフォン共通
発売日特電:0570-02-9501(1/12(土)10:00~23:59/Pコード不要)
1/13(日)以降:TEL 0570-02-9999(Pコード:136-835)
セブン-イレブン、チケットぴあ店舗(直接購入可能)
イープラス
※PC/スマートフォン共通
ファミリーマート店内端末「Famiポート」(直接購入可能)
ローソンチケット
※PC/スマートフォン共通
発売日特電:0570-084-634(1/12(土)10:00~23:59/Lコード不要)
1/13(日)以降:0570-084-003(Lコード:32282)
1/13(日)以降:0570-000-407(オペレーター対応10:00~20:00)
ローソン、ミニストップ店内端末「Loppi」(直接購入可能)

構成・演出・プロデュース 高橋まさひと
監修:毛利眞人(音楽評論家)
振付:真波そら

協力:服部音楽出版
制作:オフィス・バトゥータ アルマムジカ