*

CULTURE / EVENT
著者デビュー20周年記念 おしゃべり交流会 大阪編
チョン・ウンスク(鄭銀淑) の「韓国全土、呑んで、歩いて20年」

1998年に著者デビューして以来、20年がかりで韓国全土を踏破し、日韓で40冊以上の作品を発表した紀行作家チョン・ウンスクが各地の人と酒、取材のエピソードをたっぷり語ります。本年4月21日の東京・飯田橋での初の単独イベントが好評につき、大阪編がついに開催!
MC 山下龍夫(チョン・ウンスク所属事務所 株式会社KEYWORD代表)


【チョン・ウンスクからのメッセージ】
 「大阪で思い出すのが、ビートたけし主演の映画『血と骨』です。1923年、多くの同胞を乗せて済州を出航した貨客船の甲板に「テバンヨー!」(大阪だ!)の声が響き、乗客たちが色めき立つ。これが冒頭シーンでした。朝鮮半島の南部から日本にやってくる同胞にとって、大阪は東京より身近な都会だったんですね。
 韓国人、なかでも済州人と縁が深い大阪に行くのは15年ぶり。読者のみなさんとお目にかかる初めての機会を得て、本当にうれしく思います。
 今回のイベント第1部では、過去20年間の取材旅行や本作りのエピソードを、第2部では、韓国の“大衆文化遺産”とでも言うべき酒場の魅力をたっぷりお伝えします」


著者デビュー20周年記念 おしゃべり交流会 大阪編
チョン・ウンスク(鄭銀淑) の「韓国全土、呑んで、歩いて20年」

【第1部】

「韓国取材20年史 ─日本文化解禁→日韓W杯→韓流→KPOP→平昌五輪─」
人気テレビ番組のコーディネート体験や、『マッコルリの旅』『韓国の「昭和」を歩く』など代表作の取材エピソード。

【第2部】

「早よ行かな、のうなってまう! 韓国の大衆酒場ベスト10」
韓国全土を飲み歩いたチョン・ウンスクが選ぶソウルや釜山の居酒屋10選。情と味と磁力の三拍子そろった店の魅力と楽しみ方。

* * *

4月21日 イベントの様子

*

4月21日 2次会の様子

* *

著者デビュー20周年記念 おしゃべり交流会 大阪編
チョン・ウンスク(鄭銀淑) の「韓国全土、呑んで、歩いて20年」

日時:
2018年7月22日(日) 
開場:12:15 開演:第1部 12:25/第2部 14:10
会場:
CIVI新大阪研修センター(予定) 
〒532-0011 大阪市淀川区西中島3丁目9-13 NLC新大阪8号館7・8・9F
JR「新大阪」駅、地下鉄御堂筋線「新大阪」駅から徒歩7分
地下鉄御堂筋線「西中島南方」駅、阪急「南方」駅から徒歩4分

【2次会】

日時:
2018年7月22日(日) 17:00〜20:00
会場:
セント 
大阪府 大阪市淀川区 宮原 5-1-18 新大阪 第27松屋ビル 1F
地下鉄 御堂筋線 東三国駅 5番出口 徒歩5分
料金:
第1部~2部通し:6,000円 ※通し券のみ販売
第1部~2部+2次会:12,000円  ※50名様限定
チケットぴあ にて6月22日(金)10:00より発売
※当日券 第1部・2部:7000円/第1部・2部+2次会:14,000円

スケジュール
第1部・2部
12:15 開場+著書販売
12:25~13:55 第1部
13:55~14:10 休憩+著書販売
14:10~15:40 第2部
15:40~16:00 著書販売+サイン会(本会場で著書を購入していただいた方のみサインいたします)

2次会
17:00~20:00 韓国料理+フリードリンク(ビール、焼酎、各種マッコリ、ソフトドリンクなど)

お問い合わせ:ap_info@apeople.world 

主催:A PEOPLE
協力:KEYWORD


*

チョン・ウンスク(鄭銀淑)
1967年、江原道生まれソウル育ち。世宗大学院観光経営修士終了。90年代後半、2年間日本留学。現在、ぴあや双葉社のwebコラム連載中。NHKの『世界入りにくい居酒屋』、韓国観光公社大阪支社の『韓国麺BOOK』、文藝春秋の『オール讀物』近代建築特集などの取材コーディネーターも担当。著書訳書は40冊以上。既刊に『韓国ほろ酔い横丁 こだわりグルメ旅』『釜山の人情食堂』双葉社、『韓国酒場紀行』実業之日本社、『マッコルリの旅』東洋経済新報社など。韓国での著書に『ソウルを食べる』(ダビ)など。近況はTwitter でご確認ください。