*

「青春の殺人者」(c)1976 今村プロ/東映

A PEOPLE CINEMA

長谷川和彦 革命的映画術


私たちは、まだ「映画作家 長谷川和彦」を知らない
その凄さを。その深さを。その哀しみを

7月9日(土)より、渋谷 ユーロスペースにて、「長谷川和彦 革命的映画術」が開催される。

監督作品2本、脚本作品4本、出演作品1本を上映する。

時代に、社会に、組織に反逆し続ける男たち。
そんな若者たちの闘いを、タブー無き鮮烈なストーリーで描き出し、1970年代後半、映画界に革命を巻き起こした男、長谷川和彦。

それは日活ロマンポルノ「性盗ねずみ小僧」の脚本(1972)から始まった。

名もなき男が江戸の街をひっくり返す痛快艶笑時代劇「性盗ねずみ小僧」。

警察官たちが強盗団に化けて暴走する衝撃作「濡れた荒野を走れ」(1973)。

弁護士の卵ショーケンの脱力的キャラクターに孤独の影を深く刻んだ、哀しみの名作「青春の蹉跌」(1974)。

アメリカンニューシネマ大正アナーキー版☓歌謡モノローグ集ともいうべき、傑作「宵待草」(1974)。

こうした脚本家としての優れた技量と才能を磨きつつ、今村昌平監督「神々の深き欲望」(1968)での助監督(超苛酷な長期沖縄ロケ!)などを経て、30歳にして1976年、「青春の殺人者」で監督デビュー。

「青春の殺人者」は実際に起きた事件をベースにした中上健次の小説「蛇淫」が原作。

22歳の青年が発作的に父親と母親を殺害し、ふたりを海に捨てる。

衝撃的なストーリーながら、映画に暗さは微塵もない。

犯罪でも殺人でも悲劇でもなく、物語はその先に突き抜けたような「明快な、ある解放」にたどり着く。

「音楽はビートルズにしたかった」という監督が選んだ、ゴダイゴのポップな英語曲にのせて、どこまでも彷徨していく主人公の姿が胸に迫る。

続く監督第2作は1979年「太陽を盗んだ男」。

中学校の教師が原子力発電所に侵入しプルトニウムを強奪、自分のアパートで原爆を製造し、警察や政府に戦いを挑む。

皇居や国会でのゲリラ撮影、幻のローリングストーンズ公演など全長2時間27分、見どころ満載!1作目と打って変わってエンタテインメントを極めた作りだ。

一方、広島で生まれ、胎内被爆した監督自身の体験も色濃く投影している。

いずれもテーマは、簡単に手のでないフツーならビビッてしまうヘビーで骨太な素材だ。しかし、映画は決してテーマ、問題主義には陥らない。

あくまで「見せること」に徹し、映像だから表現できることにこだわり、スタッフ・キャストらあらゆる人間を巻き込む。

そこから圧倒的なグルーヴ感、飛躍感が生まれ、映画熱が全編に漲っている。

ホント1度でいい、あなたの、その目で確かめるしかない。

長谷川の「革命的映画術」とは、映画という自己との戦いの果てに、自ら答えを見出すこととも言えるかもしれない。

映画作家、反逆の映画監督、「長谷川和彦 革命的映画術」をいま!若者よ、見て盗め!超えろ!

※今回、長谷川監督が1991年に出演した「夢二」も上映決定!妻と妻の愛人を殺した殺人鬼という役どころ。凄みのある狂気な演技と強烈な存在感に注目いただきたい、「太陽の盗んだ男」の沢田研二が主演。

*上映のユーロスペース、アマゾンなどでは今回の開催を記念して、「長谷川和彦 革命的映画術」を出版。「青春の殺人者」「太陽を盗んだ男」のシナリオを収録。上映全作品のレビューを合わせた一冊。7月9日(土)発売。発行:A PEOPLE


  • 「青春の殺人者」
    監督:長谷川和彦 原作:中上健次 脚本:田村孟
    出演:水谷豊/内田良平/市原悦子/原田美枝子
    1976年製作/132分/R15+
  • 「太陽を盗んだ男」
    監督:長谷川和彦 原案:レナード・シュレイダー 脚本:レナード・シュレイダー/長谷川和彦
    出演:菅原文太/沢田研二/池上季実子
    1979年製作/147分
  • 「青春の蹉跌」
    監督:神代辰巳 原作:石川達三 脚本:長谷川和彦
    出演:萩原健一/桃井かおり/檀ふみ
    1974年製作/85分
  • 「宵待草」
    監督:神代辰巳 脚本:長谷川和彦
    出演:高橋洋子/高岡健二/夏八木勲
    1974年製作/96分
  • 「濡れた荒野を走れ」
    監督:澤田幸弘 脚本:長谷川和彦
    出演:地井武男/山科ゆり/川村真樹
    1973年製作/73分
  • 「性盗ねずみ小僧」
    監督:曽根中生 脚本:長谷川和彦
    出演:小川節子/五條博/森竜哉
    1972年製作/67分
  • 「夢二」
    監督:鈴木清順 脚本:田中陽造
    出演:沢田研二/坂東玉三郎/毬谷友子/長谷川和彦
    1991年製作/128分

「長谷川和彦 革命的映画術」
主催・運営 パブリックアーツ
企画・宣伝 A PEOPLE CINEMA

7月9日(土)より15日(金)まで 渋谷 ユーロスペースにて公開

<関連記事>
A PEOPLE CINEMA/長谷川和彦 革命的映画術
A PEOPLE CINEMA/「長谷川和彦 革命的映画術」トークイベント開催、ゲストが決定
various/「作家主義」作家が作家×自己を語る 長谷川和彦

フォローする