*

パク・ヘイル × シン・ミナ
「慶州(キョンジュ)ヒョンとユニ」の軌跡 ⑥
パク・ヘイル「10億」

パク・ヘイルがサバイバル・ゲームに参加する男を演じたサスペンス調の人間ドラマ。

具体的には、28歳のフリーランス・プロデューサーという役どころ。常にビデオカメラを携帯し、目新しいことが起こるとすぐに映像に記録しようとする。わかりやすい設定。
 賞金は10億ウォン。場所はオーストラリアのパース。砂漠あり、森あり、川あり、海ありという最高の舞台にして、最高の映画的ロケーション。
 証券マン、ホステス、掃除屋、学生ら、若い参加者は皆、最初からギャーギャー騒いでうるさいが、パク・ヘイル演じるハン・ギテは終始冷静。ハン・ギテなりにゲームのからくりを見越しているという展開ゆえだが、パク・ヘイルが出演陣の中でも年上の位置を得る俳優という事実もまた、自ずと役柄に大人の気分をにじませている。映画公開時、32歳。ここには、田舎の青年役が似合いそうな童顔若手俳優はもういない。
 ひとり、またひとりと死をもって脱落者を生むゲームの流れに対し、ハン・ギテはアルバイト女性チョ・ユジン(シン・ミナ)と協力して後半の難を乗り越えていく。彼女にゲームの参加理由を尋ねられていわく「自然があるところに来たかったのかも」。クールだ。
 シン・ミナとの初共演作でもある。
 木上の矢を取ろうと苦戦するユジンに対し、パク・ヘイルことハン・ギテは肩車を敢行。砂漠の逃走場面では彼女の腕を引っ張って、奮闘努力。汗まみれ、泥まみれ。このあたり、静謐なる2度目の共演作「慶州(キョンジュ)ヒョンとユニ」と比べてみると面白い。

文:賀来タクト


「10億」(2009)
監督:チョ・ミノ
出演:パク・ヘイル/パク・ヒスン/シン・ミナ/イ・ミンギ/チョン・ユミ

「慶州(キョンジュ)ヒョンとユニ」公式サイト


[関連記事]
パク・ヘイル × シン・ミナ「慶州(キョンジュ)ヒョンとユニ」の軌跡

パク・ヘイル 第1回「グエムル 漢江の怪物」
パク・ヘイル 第2回「殺人の追憶」
パク・ヘイル 第3回「菊花の香り 世界でいちばん愛されたひと」
パク・ヘイル 第4回「初恋のアルバム 人魚姫のいた島」
パク・ヘイル 第5回「モダンボーイ」
パク・ヘイル 第6回「10億」
パク・ヘイル 第7回「神弓 –KAMIYUMI-」
パク・ヘイル 第8回「天命の城」

シン・ミナ 第1回「火山高」
シン・ミナ 第2回「美しき日々」
シン・ミナ 第3回「甘い生活」
シン・ミナ 第4回「Sad Movie〈サッド・ムービー〉」
シン・ミナ 第5回「今、このままがいい」
シン・ミナ 第6回「10億」
シン・ミナ 第7回「キッチン ~3人のレシピ~」
シン・ミナ 第8回「アラン使徒伝(サトデン)」

A PEOPLE CINEMA第2弾「慶州(キョンジュ)ヒョンとユニ」
レビュー「慶州(キョンジュ)ヒョンとユニ」
「慶州(キョンジュ)ヒョンとユニ」 A PEOPLE TALK LIVE
PEOPLE / イ・ジュンドン
PEOPLE / チャン・リュル
チョン・ウンスク「慶州(キョンジュ)」映画紀行 第1回「慶州」という街